最新ニュース
投稿日時: 2020-03 (96 ヒット)

この度、4月8日(水)〜10日(金)の期間、幕張メッセ(千葉県)で開催される「TECHNO-FRONTIER 2020 第33回 EMC・ノイズ対策技術展」および「第34回 EMC設計・対策技術シンポジウム」に関しまして、主催者さまの一般社団法人 日本能率協会より、新型コロナウイルスに関連する対応に伴う開催中止の連絡がございました。

 

既にご案内しているお客さまや、シンポジウムへご聴講を予定されていたお客さま、弊社ブースへのご来場を予定されていたお客さまには、大変ご迷惑をおかけしますことを深くお詫びするとともに、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 

なお、今回予定していましたセミナーおよび製品提案、技術資料の配布などにつきましては、引き続きニュースレターやセミナー、ホームページなどにてご紹介をしてまいります。
 



投稿日時: 2020-03 (201 ヒット)

水俣条約(水銀条約)の発効に伴い、弊社では当初2020年5月末の受注をもって水銀リレータイプのインパルスノイズ試験器の製造・販売を終了する予定でございましたが、関係各省庁などへ相談・確認を行った結果、2020年中の製造を延長することと致しました。

 

詳細につきましては、以下のファイルをご覧ください。
INS製造・販売 延期のご案内(PDFファイル)

 

販売につきましては2021年以降も、原則日本国内のみ2020年中に当社が製造できた台数を上限として販売を継続します。
また、2020年6月からの受注分につきましては、部材の再調達や協力会社と連携した製造体制を再構築する関係上、ご提供の製造台数とモデルを絞込むと同時に、価格も改定せざるを得ないことをご承知おきください。

なお、現在販売をしている水銀リレーを使用したモデル(INS-4020/4040、AX2)で納入後8年以上経過している製品におきましては、弊社保証規定により修理を辞退させていただく場合がございます。

 

引き続き、継続してインパルスノイズ試験を実施するお客さまは、お早めに試験器の買換え等をご検討をお願い申し上げます。



投稿日時: 2020-01 (85 ヒット)

本年度も、JEITA集積回路製品技術委員会・半導体 EMC サブコミティ主催にてEMCセミナーが開催されます。 

本セミナーでは、製品レベルの EMC品質を確保するには、システム・セットレベルのノイズ品質を確保すること、さらにはそれらの構成要素である半導体のEMCノイズ品質を確保することが肝要であることをご理解いただけます。

 

『2月7日(金)半導体EMCセミナー』の詳細はこちらをご覧ください。 

 

日時 令和 2 年 2 月 7 日(金) 10:00〜16:50 開場 9:30
場所 (一社) 電子情報技術産業協会 416 会議室
〒100-0004 東京都千代田区大手町 1-1-3 大手センタービル 4階
主催

(一社) 電子情報技術産業協会

 集積回路製品技術委員会 半導体EMCサブコミティ

定員 40 名(定員になりしだい締め切らせていただきます。)
参加費
 
【 JEITA 会員】15,000 円
【 JEITA 非会員】20,000 円
【学生】3,000 円
【特別参加】25,000 円 (2名まで参加が可能です。)
プログラム

○ 半導体EMC の IEC 国際規格動向

○ 半導体EMC に関連する新たな活動紹介

○ 【招待講演】パワー デバイスの EMC 動向

○ 【招待講演】設計段階でのEMI/EMC シミュレーションを活用したモデルベースシステムエンジニアリング

これら講演を通じ、パワーデバイスの EMC に関する理解を深めて頂くと共に、モデルベースの EMCシミュレーションを活用していけるようになっていただければと思います。そして、 これらに先立ちJEITA 委員から 、例年と趣向を変え、JEITA/EMC SC 活動とその成果について報告します。
また、 今年度も講演者や会場の皆様による討論の場を設け、より良い EMC 設計のあり方を考えられるように企画しました。
時節柄、業務ご多用のことと存じますが、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 

『2月7日(金)半導体EMCセミナー』の詳細はこちらをご覧ください。

 

JEITA集積回路製品技術小委員会のホームページはこちら

http://semiconjeitassc.jeita-sdtc.com/spt/



    カテゴリ別最新ニュース
    サイト内検索
    無料贈呈中

    株式会社ノイズ研究所40周年記念誌「EMCと共に40年」
    この冊子は、EMCの黎明期から日本及び世界のEMCの発展にご尽力頂いた方々の後世に伝えるメッセージとしてご厚意によりご執筆頂いたものです。ご一読いただければ幸いです。